【余興動画作成に役立つ情報】動画の形式とは??

前回のレシピ作成動画の後編はしばしお預け!!

弊社では撮影以外にも、編集のみのご依頼をよく承るのですが、
動画の形式についての質問をよく頂きます。

「式場から動画作成の指示書を貰ったけど、何のことだか、さっぱり……」

一言に動画の形式と言っても、様々な要素があります。
今回は余興動画を作成の為、初めて動画編集される方に、
最低限のことをお伝えできればと思います。

・アスペクト比(縦横比)
映像の縦と横の比率のことです。
一般的に16:9or4:3(横:縦)のどちらかになります。
会場のスクリーンの縦横比と合わせてお作りするのが、スクリーンをフルに使えていいのですが、
4:3のスクリーンに16:9の映像を投影することも出来ます(逆も然り)。なので、最悪間違えても上映は出来ます。
現在、テレビの縦横比が16:9なので、式後に新郎新婦にテレビで見てもらうことを考えて、
スクリーンが4:3だとしても、16:9でお作りすることもあります。

・タイトルセーフ(セーフティゾーン)
よく指示書に「画面の80%以内に字幕(タイトル)を入れて下さい」という文言を見ます。
実は、会場のスクリーンに投影した時、少しだけ画面の端が切れてしまうことがあります。
タイトルセーフを意識しないと、
「PCの編集画面では文字が切れてなかったのに、上映の時に切れてた!」
ということが起こるのです。
大体、80%以内に収めていれば、切れることはほぼほぼないと思います。

・画質について、
よく完成したDVDを見て、「スマフォで撮った時はもっときれいに見えた……」とお客様から。
そうです。DVDは画質が低いのです。
画素数でいうと720×480。スマフォで撮影したものは一般的に1920×1080なので、画素数だけで言えば、その1/6。
「もっときれいに作れないの?」
ブルーレイやデータだと、より綺麗に書き出すことが出来ますが、
会場の機材環境によっては、対応出来ないこともあるので、要確認です。

と言っても、自分で編集するのは慣れないうちは難しいと思います。
フリーの動画編集ソフトは出来ることは限られるし、
ソフトによってはDVDの書き出しまでサポートしてくれなかったりするからです。
弊社ではDVD作成まで、お客様の立ち合いの元、行えます。
(勿論、立合いではなく、ご来店出来ない遠方のお客様も大歓迎です)
「撮影はしたけども、編集の仕方が分からない…」「自分で編集しようとしたけど、もうお手上げ!」
という方は是非ともご一報ください

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です