SONYセミナーにて新カメラ、NEX-EA50の実機を体験

こんばんわ。ISOです。

 

最近新製品ラッシュのSONYですが、

NEX-EA50JHなる、APS-Cサイズセンサー搭載のカメラがアナウンスされました。

実機が触れるプロフェッショナルセミナーのお知らせが来ていたので

さっそく専務とISOでSONY本社へ。

 

NEX-EA50のチラシ

 

 

 

 

 

 

 

SONY NEX-EA50の実機。肩に担いでみました

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく大判センサー版電動ズームが手の届くところまでやってきてくれました。

ゆっくりとしたズームも、早いズームもスムーズに動いてくれるので文句なし。

しかーし、写真用のレンズを使っているそうなので、

望遠にするとレンズがうにょーんと15cmくらい伸びるのが評価が分かれるところのようです。

カメラバランスが狂うので、できれば長さ変わらないほうがいいんですけどね・・・

 

でもこのくらいなら全然許容範囲。

リモートコマンダーを使ってズームを右手で制御するようにすれば

ズームとフォーカスのオペレーションミスがかなり減りそうです。

ENGレンズとリングの配置が逆なので肝心なところで間違うリスクがなくなるのは評価大。

 

ただ・・・レンズのF値が5.4近くになっているせいもあるのでしょうが、

多分センサーの受光感度があまり良くない様子で、室内だと明るさがギリギリ。

屋外ならちょうど良さそうな印象だったので、

後日評価版をレンタルさせていただけるそうなので実地で試してみたいところです。

黒のしまりも良い感じなので綺麗な絵が期待できそう。

 

 

F700の発売もあるので今年のInterBeeも引き続き大判センサーラッシュでしょうか?

開発スピードがどんどんあがっているSONYに引き続き注目です。