何かを遮るということは結構難しい。

こんにちは、主にダビング担当のマスオです。
暑い日が続いておりますが
心なしか夜は少しだけ涼しくなってきたような気がしないでもないような。
社内ではだいぶ前から話し合っていたことなのですが
いよいよ、併設スタジオの防音ガラス工事が本日着工です。

港区赤坂にあるビデオ制作会社のブログ
社内会議では、
ガラスじゃなくても防音できればいいのでは?とか
道路に面しているので本当にちゃんと防音できるのか?など
色々と意見が飛び交っていたのですが

やはりせっかくもともとあるこのガラス張りの雰囲気を損ないたくない
という意見もありまして、なんとかガラスのまま防音工事をしようということに。

港区赤坂にあるビデオ制作会社のブログ
スタジオ内は只今こんな感じです。
ドリルの音が響き渡ります。

港区赤坂にあるビデオ制作会社のブログ
工事が終了後、こちらのスタジオで
さっそくビデオ撮影の予定がございます。

代表青山が話していました。
「人間の耳は聞きたい音と聞きたくない音を自然と分けているので
聞きたいと思う音以外はわりと聞こえなかったりする。
しかし、機械はそうはいかない。高性能であるが故
どんな音でもひろえる(ひろってしまう)
だから意図的に雑音を遮断しなければならないがこれがまた難しい・・」
人間の性能は
善くも悪くも[臨機応変]でございますね。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です