学会を撮影してすぐに編集&ネット配信

先日、東京工業大学の蔵前会館で学会撮影をしてきたので
その様子をご紹介します。

今回は撮影後30分でネット配信です

Ustreamingなどでライブ配信もできるのですが、
パワーポイントデータと同期をするために少し編集してデータをお渡ししています。

 

蔵前会館を撮影するPMW-350

今回もPMW-350を使用。
とても明るいカメラなのでプロジェクタを使用するような
薄暗い環境でもしっかり映してくれます。

照明を調整中。プロジェクタと顔が両方見えるように

プロジェクタとプレゼンテイターの顔の両方がしっかり見えるよう照明を調整中です。
どの状態が一番良いか実際に確認していただきながら進めています。

HVR-MRC1KはCFカードにデータ収録する機材

今回の撮影で重要なポジションをしめる
HVR-MRC1K。

CFカードに映像データを収録

CFカードに記録することで、テープと違った素早い対応が可能になります。
ここら辺は機材の完全デジタル化を済ませた大きなメリットですね。
撮影したデータを即編集するのには最適。

PCで即座にエンコード開始

事前に指定していただいた形式に即変換。
今回はH264で圧縮。
この形式はFLASH Videoで使われるFLVで使えるので
すぐに配信が可能です。

収録後すぐにweb用に変換開始

変換後はするにヨーロッパのサーバーにアップロードされて配信されました。
今後は学会やシンポジウムだけにとどまらず、
イベントや発表会などでもインターネット配信の需要が増えてくるのかもしれません。
ネット課金システムなども用意したいところですね。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です