EOS-1D Xが発表。HDMI出力はいかに?

こんばんわ。ISOです。

 

Canonから新デジタル一眼レフEOS-1D Xが発表されました。

ビデオ会社としては5DMark2での課題だった

動画撮影時にHDMI出力すると

白いガイドフレームが入ってしまう問題をぜひ解決していただきたいところ。

あのにっくき白枠が消えれば買っちゃいますね。きっと。

 

アルファビデオでも5D MarkⅡを使用した撮影が徐々に売れてきているのですが

撮影中にバックアップが取れないのがハラハラします。

もしも外付けHDMI記録ユニットで解決できるなら本当に助かるところ。

高画質は折り紙つきなので一気に主力商品になるかもしれません。

 

 

それにしても、SONYが大型CMOSセンサー搭載のビデオカメラを発売しているのに

CANONが従来通りの小型センサー商品しかラインナップしてこないのは

なに考えているんだろうと不思議だったのですよ。

5DMark2で切り開いたシェアを広げなくてどうするのよと。

 

もしも、SONYが出したVG-20の20万円台という価格帯ではなく

EOS-1D Xの60万円台での商品展開を考えていたとしたら・・・

 

なぜか従来のEOS-1D系最上位機種より撮影可能な解像度が落ちるらしいことからも

動画用途も考えてHDMI出力の白枠を消してくれるのでは・・・・!?

 

 

これは期待できるかも━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!?

 

 

 

と、妄想が広がるISOでした。

実機展示会とかないかな・・・ ぜひ行きたいです。