RATOC REX-MR05が魅力的

こんばんわ。ISOです。

 

ラトックシステムからこれまた良いコンセプトのハードディスクが発売されました。

プロフェッショナルメディアリーダーライター REX-MR05

 

アルファビデオではPMW-350でSxSを使っているのですが

SONYのUSBリーダーで読み込むと遅いんですよね。

USB2のせいで。

早くUSB3またはeSATAのを出してほしい。

 

でもこのラトックHDDならかなり早く転送できそうで魅力的です。

アルファビデオの機材をハイビジョン対応にした1年前に出ていたら

間違いなく社長に「これ買ってください!」と言っていたでしょう。

 

 

ちなみにアルファビデオでは保存用HDDにSA-DK2-U3Rをミラーリングで使っています。

データが飛びかけると確実にリビルド要求してくるので

同時期にバックアップ用に購入した○族シリーズのより信頼できます。

(○族はHDD再起動させると警告が消えるんです・・・)

REX-MR05にも同等のものが入っているようなので中小制作会社にはぴったりかもしれません。

 

 

あとは、メディアを入れたら自動でHDDに転送してくれる機能なりアプリを入れてくれれば完璧。

フォルダ名とかの管理がややこしくなるのは分かっているんですけど、

下手にいじって誤操作されるよりはるかにリスクが低いんですよね・・・

これからHDD需要が高まっていく婚礼業界なんかには特にほしい機能だと思うので

以後のバージョンアップに期待です。