美味しい可愛い通信講座・トレーニングDVD

写真のスクロールしていたら可愛いスイーツを見付けた


じっくり見ても分からないけど
これ食品サンプルです!

デコデコ技術☆ミ
スイーツデコ、ストーンデコの通信講座の撮影でした~

せっかくなのでうちのカメラもデコってもらいましたよー
【HD】マーク、実はストーンでキラキラなのです~(*’▽’)

本日は対談撮影!

都内のハウススタジオで、対談撮影を行いました。

今回の対談はアメリカと日本でご活躍されている、
スピリチュアルライフコーチの礒一明さんとパワーストーンヒーラーの
The Rock Girlさんです。

残念ながら内容は英語のため、私の英語力では理解することができず。。

スピリチュアルライフコーチ

パワーストーン

対談撮影

そして今回は2カメでの撮影です。
適切な照明とピンマイクでお客様のご要望にお応えしながら、
ハイクオリティーな動画制作を行っています!

動画と写真撮影全国へ出張対応ですので、
まずはお気軽にお問い合わせください。

【e-ラーニング撮影】音声をクリアに収録したい!

春ですね。すっかり過ごしやすい、撮影しやすい時期になりました。

先日、e-ラーニングの撮影に伺いました。

伺ったところは以前までご自身でweb講座用の動画を撮影されていたらしいですが、

改善したいとのこと、ご依頼頂きました。

 

ご自身で撮影される際、音声収録について悩まれる方は多いのではないでしょうか?

「カメラは持ってるけど、撮ってみても音が全然クリアに聞こえない」

弊社では、現場の状況・ご希望に合わせた音声収録で撮影します。

今日の撮影では、ワイヤレスマイク+予備として卓上マイクで対応致しました。

おかげでクリアな音声で収録出来ました。

特にe-ラーニングなど講座映像は音声が要。

クオリティに大きく関わります。

是非、お問い合わせください!

 

本日はe-ラーニングの撮影!!

今日はE-ラーニングの撮影!

現在、前半戦が終わり、 束の間の休憩時間を過ごしております…

本日の撮影セッティングの一部を紹介…

(粗い画像ですいません…)

カメラの下のモニターには、撮影内容が 映し出されていて、

先生方はそれを確認しながら講義が出来る ようになっております。

今日の撮影も先生お一人で来られてたので、

撮影内容をリアルタイムで確認出来るのは、安心ですね。

では、後半戦も頑張ります!

新CM発表会 記者会見の様子

新CM発表会 撮影の様子

プリマハム 「香燻あらびきポーク」

イメージキャラクターの土屋太鳳ちゃん可愛かった~

 

沢山のメディアが押し掛けるから場所取りは必死!!

最後に囲み取材と

インサート撮影

太鳳ちゃん作成お弁当^^

 

来週の記者会見の撮影も頑張ります!!

 

レシピ動画の撮影レポート【撮影本番編】

昨年公開したレシピ動画の撮影レポート【撮影準備編】

みなさんご覧いただけましたか?

今回はいよいよ後編【撮影本番編】をお送りします!

前日の準備のおかげで、当日のセッティングは順調(^^)/

ライティングはもちろん

まな板やお鍋の位置、野菜の配置も入念にチェックしながら撮影を進めていきます!

撮影の時点で、編集時に入れるテロップ(文字)の位置も想定して配置を考えているんですよ!

美味しそうなお肉を目の前に、思わずお腹がなっちゃいそう(汗)

撮影終了後には、試食もさせていただきお腹も大満足!な1日でした☆

完成した動画もぜひチェックしてみてください。

アルファビデオでは、各種イベント・セミナーでの動画・写真撮影、

動画編集など、映像に関わるすべてのご相談を受付けております。

お気軽にお問合せください(^^)/

 

 

【余興動画作成に役立つ情報】動画の形式とは??

前回のレシピ作成動画の後編はしばしお預け!!

弊社では撮影以外にも、編集のみのご依頼をよく承るのですが、
動画の形式についての質問をよく頂きます。

「式場から動画作成の指示書を貰ったけど、何のことだか、さっぱり……」

一言に動画の形式と言っても、様々な要素があります。
今回は余興動画を作成の為、初めて動画編集される方に、
最低限のことをお伝えできればと思います。

・アスペクト比(縦横比)
映像の縦と横の比率のことです。
一般的に16:9or4:3(横:縦)のどちらかになります。
会場のスクリーンの縦横比と合わせてお作りするのが、スクリーンをフルに使えていいのですが、
4:3のスクリーンに16:9の映像を投影することも出来ます(逆も然り)。なので、最悪間違えても上映は出来ます。
現在、テレビの縦横比が16:9なので、式後に新郎新婦にテレビで見てもらうことを考えて、
スクリーンが4:3だとしても、16:9でお作りすることもあります。

・タイトルセーフ(セーフティゾーン)
よく指示書に「画面の80%以内に字幕(タイトル)を入れて下さい」という文言を見ます。
実は、会場のスクリーンに投影した時、少しだけ画面の端が切れてしまうことがあります。
タイトルセーフを意識しないと、
「PCの編集画面では文字が切れてなかったのに、上映の時に切れてた!」
ということが起こるのです。
大体、80%以内に収めていれば、切れることはほぼほぼないと思います。

・画質について、
よく完成したDVDを見て、「スマフォで撮った時はもっときれいに見えた……」とお客様から。
そうです。DVDは画質が低いのです。
画素数でいうと720×480。スマフォで撮影したものは一般的に1920×1080なので、画素数だけで言えば、その1/6。
「もっときれいに作れないの?」
ブルーレイやデータだと、より綺麗に書き出すことが出来ますが、
会場の機材環境によっては、対応出来ないこともあるので、要確認です。

と言っても、自分で編集するのは慣れないうちは難しいと思います。
フリーの動画編集ソフトは出来ることは限られるし、
ソフトによってはDVDの書き出しまでサポートしてくれなかったりするからです。
弊社ではDVD作成まで、お客様の立ち合いの元、行えます。
(勿論、立合いではなく、ご来店出来ない遠方のお客様も大歓迎です)
「撮影はしたけども、編集の仕方が分からない…」「自分で編集しようとしたけど、もうお手上げ!」
という方は是非ともご一報ください

レシピ動画の撮影レポート【撮影準備編】

先日、とあるレシピ動画の撮影に協力してきました!

まずは撮影準備。

撮影前日に、自社スタジオで入念なリハーサルです。

 

 

当日、スムーズかつ高品質な映像が撮影できるように

前日の準備は一番重要です。

これはどんな撮影においても同じで、

最高の作品を創り上げるには、準備でほぼ9割が決まる!

と言っても過言ではありません。

 

さて次回は、いよいよ撮影当日!

実際の撮影風景をレポートします。

思わずお腹がなってしまう飯テロ画像も登場!?

お楽しみに☆

 

アルファビデオでは、各種イベント・セミナーでの動画・写真撮影、

動画編集など、映像に関わるすべてのご相談を受付けております。

お気軽にお問合せください(^^)/

 

 

 

SONYセミナーにて新カメラ、NEX-EA50の実機を体験

こんばんわ。ISOです。

 

最近新製品ラッシュのSONYですが、

NEX-EA50JHなる、APS-Cサイズセンサー搭載のカメラがアナウンスされました。

実機が触れるプロフェッショナルセミナーのお知らせが来ていたので

さっそく専務とISOでSONY本社へ。

 

NEX-EA50のチラシ

 

 

 

 

 

 

 

SONY NEX-EA50の実機。肩に担いでみました

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく大判センサー版電動ズームが手の届くところまでやってきてくれました。

ゆっくりとしたズームも、早いズームもスムーズに動いてくれるので文句なし。

しかーし、写真用のレンズを使っているそうなので、

望遠にするとレンズがうにょーんと15cmくらい伸びるのが評価が分かれるところのようです。

カメラバランスが狂うので、できれば長さ変わらないほうがいいんですけどね・・・

 

でもこのくらいなら全然許容範囲。

リモートコマンダーを使ってズームを右手で制御するようにすれば

ズームとフォーカスのオペレーションミスがかなり減りそうです。

ENGレンズとリングの配置が逆なので肝心なところで間違うリスクがなくなるのは評価大。

 

ただ・・・レンズのF値が5.4近くになっているせいもあるのでしょうが、

多分センサーの受光感度があまり良くない様子で、室内だと明るさがギリギリ。

屋外ならちょうど良さそうな印象だったので、

後日評価版をレンタルさせていただけるそうなので実地で試してみたいところです。

黒のしまりも良い感じなので綺麗な絵が期待できそう。

 

 

F700の発売もあるので今年のInterBeeも引き続き大判センサーラッシュでしょうか?

開発スピードがどんどんあがっているSONYに引き続き注目です。

(映像制作者向け情報)BRC-H900とZ700の比較検証

 

こんばんわ。ISOです。

 

SONYから新発売されたリモートカメラ、BRC-H900のデモ機が届いたので

さっそく制作部隊が検証してきてくれました。

 

BRC-H900

 

 

 

 

 

 

http://www.sony.jp/brc/products/BRC-H900/

 

 

ちなみに検証場所は神社の本殿内、当社がBRC-Z700を運用している場所です。

尚、制作ではあまり使っていません。

主に暗い場所での結婚式撮影用に使用していますので、「明るさ」の検証がメインです。

色収差とか偽色とかレンズ性能よりもひたすら明るさがほしいという状況なので

明るさ以外の検証についてはすみませんが期待しないでください。

 

 

まず、ノーライトでの比較画像。

H900とZ700、ノーライトでの明るさ比較

 

 

 

 

 

 

左がZ700、右側がH900で、両方ともアイリス解放でシャッター1/100ゲイン0の状態です。

この日は2012年6月13日の16時20分、天気は曇り。

社殿が東を向いているために太陽の光が入りづらい時間帯ですが、

H900、明るいですね。検証部隊によると、Z700よりは明るいのですが、肉眼よりは暗いそうです。

 

 

照明ONの状態。神社のご協力もあり、通常は照明を入れて撮影しています。

ちなみに灯体はLPLのTL-500。

L23730の500W電球で左右から1灯ずつ、あわせて2台入れています。

BRC-H900とBRC-Z700、照明ONでの明るさ比較

 

 

 

 

 

 

両カメラ共にゲイン0のアイリス解放シャッター1/100。

H900は絞らないといけないほど明るいです。

ちなみにH900のアイリスを5.4まで絞るとZ700と同じ明るさになっていました。

 

 

 

最大望遠でのテスト画像

*H900は最大14倍、Z700は最大20倍なので、14倍での比較です

BRC-H900とBRC-Z700、望遠状態での比較

 

 

 

 

 

 

シャッター1/100ゲイン0。H900はアイリス2.8、Z700はアイリス2.6。

H900は最大望遠でも十分実用範囲の明るさをキープしています。

現在運用しているZ700では望遠時の暗さがかなり問題となっており、

この結果はかなり魅力的です。

 

 

ところで話がそれるんですが・・・・

 

 

神社でなんでドレス・・・?(‘Д’)

 

 

 

 

Z700のゲインを上げて、H900と同じ明るさにしてみると

Z700のほうはゲイン上がりすぎでディティールが飛んじゃう結果に・・・

最大望遠(両方14倍)、アイリス解放でシャッター1/100。

H900はゲイン0、Z700はゲイン14dbです。

 

 

最後に、

広角状態で、どれだけ引けるか画角の検証です。

 

Z700を広角にした時

BRC-Z700を広角にした時の画角

 

 

 

 

 

 

H900を広角にした時

BRC-H900を広角にした時の画角

 

 

 

 

 

 

立てている位置が若干違うのですが、H900のほうが多少引けるようです。

これに関して当社の場合はZ700で不満はないのでどっちでもOK。

 

 

 

というわけで、検証画像をざっとご紹介させていただきました。

もしかして今一番明るいリモートカメラなのではないでしょうか?これ。

アルファビデオでは前々から明るいリモートカメラを探し求めていたので

今回の結果を受けて導入に傾いているのですが、

現在対応リモートユニットがRM-B300のみで、その他のリモート機材については対応準備中らしいです。

とりあえず機材の対応待ちになりますが、クオリティアップのためにもぜひ導入したいところです。