レシピ動画の撮影レポート【撮影準備編】

先日、とあるレシピ動画の撮影に協力してきました!

まずは撮影準備。

撮影前日に、自社スタジオで入念なリハーサルです。

 

 

当日、スムーズかつ高品質な映像が撮影できるように

前日の準備は一番重要です。

これはどんな撮影においても同じで、

最高の作品を創り上げるには、準備でほぼ9割が決まる!

と言っても過言ではありません。

 

さて次回は、いよいよ撮影当日!

実際の撮影風景をレポートします。

思わずお腹がなってしまう飯テロ画像も登場!?

お楽しみに☆

 

アルファビデオでは、各種イベント・セミナーでの動画・写真撮影、

動画編集など、映像に関わるすべてのご相談を受付けております。

お気軽にお問合せください(^^)/

 

 

 

SONYセミナーにて新カメラ、NEX-EA50の実機を体験

こんばんわ。ISOです。

 

最近新製品ラッシュのSONYですが、

NEX-EA50JHなる、APS-Cサイズセンサー搭載のカメラがアナウンスされました。

実機が触れるプロフェッショナルセミナーのお知らせが来ていたので

さっそく専務とISOでSONY本社へ。

 

NEX-EA50のチラシ

 

 

 

 

 

 

 

SONY NEX-EA50の実機。肩に担いでみました

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく大判センサー版電動ズームが手の届くところまでやってきてくれました。

ゆっくりとしたズームも、早いズームもスムーズに動いてくれるので文句なし。

しかーし、写真用のレンズを使っているそうなので、

望遠にするとレンズがうにょーんと15cmくらい伸びるのが評価が分かれるところのようです。

カメラバランスが狂うので、できれば長さ変わらないほうがいいんですけどね・・・

 

でもこのくらいなら全然許容範囲。

リモートコマンダーを使ってズームを右手で制御するようにすれば

ズームとフォーカスのオペレーションミスがかなり減りそうです。

ENGレンズとリングの配置が逆なので肝心なところで間違うリスクがなくなるのは評価大。

 

ただ・・・レンズのF値が5.4近くになっているせいもあるのでしょうが、

多分センサーの受光感度があまり良くない様子で、室内だと明るさがギリギリ。

屋外ならちょうど良さそうな印象だったので、

後日評価版をレンタルさせていただけるそうなので実地で試してみたいところです。

黒のしまりも良い感じなので綺麗な絵が期待できそう。

 

 

F700の発売もあるので今年のInterBeeも引き続き大判センサーラッシュでしょうか?

開発スピードがどんどんあがっているSONYに引き続き注目です。

(映像制作者向け情報)BRC-H900とZ700の比較検証

 

こんばんわ。ISOです。

 

SONYから新発売されたリモートカメラ、BRC-H900のデモ機が届いたので

さっそく制作部隊が検証してきてくれました。

 

BRC-H900

 

 

 

 

 

 

http://www.sony.jp/brc/products/BRC-H900/

 

 

ちなみに検証場所は神社の本殿内、当社がBRC-Z700を運用している場所です。

尚、制作ではあまり使っていません。

主に暗い場所での結婚式撮影用に使用していますので、「明るさ」の検証がメインです。

色収差とか偽色とかレンズ性能よりもひたすら明るさがほしいという状況なので

明るさ以外の検証についてはすみませんが期待しないでください。

 

 

まず、ノーライトでの比較画像。

H900とZ700、ノーライトでの明るさ比較

 

 

 

 

 

 

左がZ700、右側がH900で、両方ともアイリス解放でシャッター1/100ゲイン0の状態です。

この日は2012年6月13日の16時20分、天気は曇り。

社殿が東を向いているために太陽の光が入りづらい時間帯ですが、

H900、明るいですね。検証部隊によると、Z700よりは明るいのですが、肉眼よりは暗いそうです。

 

 

照明ONの状態。神社のご協力もあり、通常は照明を入れて撮影しています。

ちなみに灯体はLPLのTL-500。

L23730の500W電球で左右から1灯ずつ、あわせて2台入れています。

BRC-H900とBRC-Z700、照明ONでの明るさ比較

 

 

 

 

 

 

両カメラ共にゲイン0のアイリス解放シャッター1/100。

H900は絞らないといけないほど明るいです。

ちなみにH900のアイリスを5.4まで絞るとZ700と同じ明るさになっていました。

 

 

 

最大望遠でのテスト画像

*H900は最大14倍、Z700は最大20倍なので、14倍での比較です

BRC-H900とBRC-Z700、望遠状態での比較

 

 

 

 

 

 

シャッター1/100ゲイン0。H900はアイリス2.8、Z700はアイリス2.6。

H900は最大望遠でも十分実用範囲の明るさをキープしています。

現在運用しているZ700では望遠時の暗さがかなり問題となっており、

この結果はかなり魅力的です。

 

 

ところで話がそれるんですが・・・・

 

 

神社でなんでドレス・・・?(‘Д’)

 

 

 

 

Z700のゲインを上げて、H900と同じ明るさにしてみると

Z700のほうはゲイン上がりすぎでディティールが飛んじゃう結果に・・・

最大望遠(両方14倍)、アイリス解放でシャッター1/100。

H900はゲイン0、Z700はゲイン14dbです。

 

 

最後に、

広角状態で、どれだけ引けるか画角の検証です。

 

Z700を広角にした時

BRC-Z700を広角にした時の画角

 

 

 

 

 

 

H900を広角にした時

BRC-H900を広角にした時の画角

 

 

 

 

 

 

立てている位置が若干違うのですが、H900のほうが多少引けるようです。

これに関して当社の場合はZ700で不満はないのでどっちでもOK。

 

 

 

というわけで、検証画像をざっとご紹介させていただきました。

もしかして今一番明るいリモートカメラなのではないでしょうか?これ。

アルファビデオでは前々から明るいリモートカメラを探し求めていたので

今回の結果を受けて導入に傾いているのですが、

現在対応リモートユニットがRM-B300のみで、その他のリモート機材については対応準備中らしいです。

とりあえず機材の対応待ちになりますが、クオリティアップのためにもぜひ導入したいところです。

NEX-FS100JK

こんにちはR子です。

 

 

時々専務宛てにSONYさんから新製品カメラのデモ機が送られてきます。

なにやら実際に使用した操作性などの感想、意見をSONYさんにフィードバックするという役割を

頼まれているみたいです。

 

先日送られてきたのは、昨今話題の大型CMOSセンサー搭載NEX-FS100JK

 

 

今回のミッションはNEX-FS100JKのブライダル撮影!

というのがSONYさんのからのご依頼です。

 

 

GWにタイミング良くゲストとしてお呼ばれしている結婚式があり使ってみました!

今回は完全にプライベートで出席!

 

 

 

 

じゃかじゃゃゃーーん (^0^)

 

 

 

 

 

 

 

なかなか良い写真です!おめかししてます!そして格好つけてます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして職業病全開…。

じっとしていられず早々に撮影開始!

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも今回は主賓として出席なので

撮影は少し控えめにと言いたいところですが…スイッチ完全に入っていますdash

 

 

新郎も専務の素早い撮影ポジション取りに苦笑い….。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもしっかりちゃんとお食事を頂きつつ披露宴を楽しみながら

最後まで全開で撮影していたようです。

 

 

次回は実際にNEX-FS100JKを使った感想を聞いてみたいと思います。

 

つづく。

 

R子

横浜・湘南ウェディングで弊社の結婚写真部門が紹介されます

こんばんわ。ISOです。

 

アルファビデオの結婚写真部門

1/7発売のウェディング情報誌、横浜・湘南ウェディングにて紹介されます。

 

フォトウェディングや結婚式の前撮りを行う方向けに

湘南七里ヶ浜や江ノ島など、海や夕日や江ノ電と撮るロケーション撮影を紹介いたします。

過去のお客様に実際に納品した写真も掲載されますので

ぜひご覧ください。

アルファスタジオに、ミゲル君とウタミンがやってきた

(つд⊂)ゴシゴシ   (;゚ Д゚) ギズモに記事が出てる…!?

http://www.gizmodo.jp/2011/12/utamin.html

 

ミゲル君とウタミンのコラボは聞かせてもらったけど、

GIZMODOの中の人も来ていたのかぁあああ!! o(`ω´*)o

 

いつも記事読ませてもらってるから、どんな人なのか見てみたかったです・・・ orz

 

 

撮影風景やウタミンの紹介もあるので見てみてください。

年末年始休業のお知らせです

こんにちは、マスオです。

12月末に出張撮影で冬の京都に行く予定なのですが

行きたいところは山のよう、、。

いやいや、もちろん撮影に集中致しますよ。(あそことあそこと、、)

 

さて、弊社の年末年始休業のお知らせです。

年末年始休業期間:2011年12月29日(木)〜 2012年1月4日(水)

 

 

年末に向けて、オフィスを少しずつ整理整頓しなければ!

 

先陣を切って、専務が動き出しております!

 

 

制作したキャンペーン動画が公開されています

こんばんわ。ISOです。

 

アルファビデオが写真と映像制作を担当したキャンペーンが公開されています。

埼玉の新感覚ウェディング

 

ぜひご覧下さい&興味がわいたら資料請求してみて下さい。

iMac LionのBootcamp上Windows7でキーボードを正常に動かす方法

こんばんわ。

Lion調教師のisoです。

 

Bootcamp上のWindows7でアップルキーを押すとスタートメニューが開いてしまう不具合。

編集ソフトでショートカットキーを頻繁に使うアルファビデオでは頭の痛い問題です。

WindowsXPではkbdappleというソフトを使わせてもらっていたのですが

7では正常に動作せず困っていました。

 

最終的にはAppleKbWinにたどり着いたのですが、

スタートアップに登録すると起動時にSettings.configにアクセスできずに

強制終了してしまう現象が発生。

まぁソフトの説明書に「Mac Book用」って書いてありますしね・・・ 完全に動かないのも仕方ない。

 

とりあえず、解決法。

Settings.configを右クリックしてプロパティを開き、

セキュリティタブを開きます。

グループ名またはユーザー名のところの

「Users」を編集して「フルコントロール」をONにしてOKボタンをクリック。

この作業をした後にAppleKbWinのスタートアップ登録をすれば

次回起動時からしっかり起動します。

 

なぜか設定が変更できないなどの動作不良がありますが

前よりは格段によくなったので一歩前進です。

iMac Lionでディスプレイの輝度を固定する方法

こんにちわ。ISOです。

 

ディスプレイの明るさを勝手に変えるなと!

共有パソコンだといつの間にか変わってしまう輝度。

納品するビデオや写真に影響するので大問題です。

キャリブレーションを取ってる意味がなくなる…

*もちろんLionの新機能「輝度を自動調節」はOFFです。

 

 

というわけで、アップルサポートコミュニティのこの記事を参考に

Lionでも使える方法を考えてみました。

 

OS起動時にディスプレイの輝度を固定値に設定しなおす方法です。

このISO製Apple Scriptをダウンロードして、

ファイルフォーマットを「アプリケーション」にして別名で保存してください。

その後アプリケーションフォルダにコピーしてDockにコピーします。

オプションから「ログイン時に開く」にチェックを入れれば

MACが起動する時に自動で設定した輝度に変更されます。

ログイン時に開く

 

 

 

 

 

 

設定する輝度を変更するには、AppleScriptの9行目、

「set value to 0.2」を0〜1の間で書き換えればOKです。

 

 

輝度をロックしているわけではないのでOS起動時にしか調整が効きません。

そのかわり明るくしたい人にも対応可能なので

アルファビデオでは今のところはこのシステムが採用されてます。

参考にどうぞ。