びでお☆てぃ~え~っス!

こんばんは~!マイキーです!またの名をDVD担当はてなマークと申します。

DVD(ビデオ)ですと言って、DVD-Rをお持ち込みになるお客様が最近多くいらっしゃいますが、
DVDデッキで再生できず、編集やダビングを開始するのに余計な時間を要したり、
変換費用が別途掛かったりすることも多々あります。

PCでDVDビデオのバックアップをする時は、ディスクライティングソフト
ディスクの複製を作るのが確実です。
また、詳しい方はご存知の様に(VIDEO_TSとAUDIO_TSを)ISOイメージ化しておき、
ISOイメージをディスクに書き込む方法もあります。

しかし、ハードディスクにディスクの中のデータをそのままコピーしておいて、
必要な時にディスクに焼きたい事もありますよね。

DVDビデオに必要なファイルはオーサリングまたはレコーダーで作成したディスクの
VIDEO_TSフォルダにすべて書き込まれているので、PCでDVDビデオをバックアップする時は
HDD等にそのようなDVDビデオ規格に基づいたVIDEO_TSフォルダをコピーしておいて、
1. DVD-Rディスクのルート(メディア直下)に、2. ライティングソフトで、3. VIDEO_TSフォルダ(と
中身が空のVIDEO_TSフォルダ)を、4. UDFフォーマットで、書き込んでやれば、問題ないのですが、メモ
他のフォルダ内にVIDEO_TSフォルダを置いたり、VIDEO_TS内に、他のファイルを
書き込んだり、VIDEO_TSフォルダの名前を変えたり、ルートに直接VIDEO_TSフォルダの
中のファイルを書き込んだり、という事例を良く見受けます。

このようなディスクは普通のDVDデッキでは再生不可能です。!!

また、ライティングソフトによっては、VIDEO_TSの中のファイルの書込み順を変えたり、
DVDビデオ規格に対応していないものもありますので、注意が必要です。

よくわからない場合はオーサリングソフトの書込み機能を使って
DVD-Rに書き込むのが安全です。

以上ヨロシクビックリマーク

読みにくい文章でスミマセン^^;

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です